【失敗しないTOEIC対策】英会話スクールを賢く選ぶには

TOEICと就活

男性

資格取得は必ず役立つ

大手企業へ就職したいのであれば、TOEICの受験をおすすめします。英語の試験というと昔は英検の方がメジャーだったのですが、最近は受験者数の増加によりTOEICを重視する企業が年々増えています。TOEICはスコアで結果が残せることにより、他の人と比較しやすいのも特徴です。さらに、TOEICよりも難関といわれるTOEFLというテストがあるのもご存知でしょうか?外資系の企業であれば、TOEICとともにこのTOEFLの受験もしておくとよいでしょう。TOEFLは英語の読み聞きとともに、英語を話す力と書く力も試されます。TOEFLは企業の応募以外にも英語圏の大学への留学にも欠かせません。自分が応募したい企業や大学にはどの資格が有利なのか、詳しく調べて面接や受験に備えましょう。そうすると、TOEIC対策やTOEFL対策も余裕をもって行えます。

履歴書にTOEICのスコアを書くには

TOEICを受験してスコアの結果が出た場合、何点以上であれば履歴書に記入することができるのでしょうか?〇点以上なら記入可、といったような細かいルールはないのですが、大体600点以上であれば履歴書に記入しましょう。しかし、外資系の企業の場合は600点代だとあまり良い印象になりません。英語を多く使用する仕事の場合は、750点以上を目安に履歴書に記入しましょう。TOEICのスコアを履歴書に記入するときは、履歴書の「免許・資格」欄に記入します。「TOEIC公開テスト〇点取得」と書き、認定証をもらった年月も忘れずに記入しましょう。